前へ
次へ

喪服で気をつけたいマナー

制服のある中学生や高校生を過ぎると、法事に参列するために喪服が必要になります。
大人のたしなみとして一着用意しておくと急なことがあってもあわてずに済むでしょう。
しかし「格」というものもあり、喪主や親族として参列する場合とただの参列者では身につけるべき装いも違ってきます。
ただの参列者が喪主より格の高い装いをするのはNGですし、逆に親族なのに格の低い装いをするのもおかしいです。
もし可能なら、一番格の高いものとそれに次ぐブラックフォーマルの二種類があるといいでしょう。
男性の場合、一番格が高いものはモーニングスーツになります。
ただこれは最近ではあまり着ている人を見かけないので、ブラックフォーマルでもおかしくはないかもしれません。
女性ならブラックフォーマルか和服が格が高いとされています。
しかし和装も着付けができる人ばかりではないため、単にブラックフォーマルで済ませても失礼ではないでしょう。

none

また、最も格が低いとされているものの意外と必要になるのは、ダークスーツや地味なワンピースなどの弔事用の平服です。
身近で不幸が起こったときに、取るものもとりあえず駆け付けてお悔やみをすることを弔問と言いますが、このときにダークスーツなどの地味な平服も必要になります。
きっちりと喪服で駆けつけると、事前に準備ができていたようでいやがる遺族もいるからです。
ただこういうことを気にする人も最近は少なくなってきました。
基本的にはブラックフォーマルを揃えておけば失礼にはなりませんが、黒は黒でも気をつけなければならないことがあります。
たとえばシャツは白で普通の襟のものを選びましょう。
ボタンダウンなどだとカジュアルダウンしてしまいます。
またベルトはシンプルな黒の無地にします。
ワニ皮などは殺生を意味するので避けましょう。
意外と盲点なのが靴下です。
これも黒が原則です。
用意がないからと言って白などを履いているとかなり目立つので、気をつけたいところです。

Page Top